LAMY2000 4色ボールペン / 8ninriki.jp
Review


2015.02.24
lamy2000
LAMY2000 4色ボールペン


writer
松澤徹

設計という仕事をするにあたって、使用する筆記用具にはどうしてもこだわりが出てしまう。長い時間手にする物だし、愛着ある物で引いた線は、そうでない物で引いた線とは違う気がするのだ。

10年程愛用しているLAMYの”2000”4色ボールペン。バウハウスの影響を受けたゲルト・アルフレッド・ミュラーの手によるデザインは、40年以上前の物とは信じられないくらい洗練されていて、持って眺めているだけでもニヤニヤしてしまうのに、使い心地も最高で、おそらく一生使い続けるんだろうと思う。

そういうわけで毎日使い倒しているので、少し前に中のメカが壊れて修理に出していた。

1ヶ月後に帰って来たペンに添えられた修理明細のメッセージを読むと、「メカニカルと1体になっている上部の胴軸の交換が必要でございましたが、上部の胴軸だけ交換しますと全体の色目・風合いが変わってしまいますので、下部の軸も一式交換させて頂きました。」要は胴軸・メカニカルの交換の金額で、全てを新品に変えてくれていた。

感動でちょっと震えた。そしてこれから先もLAMYを使い続けようと思った。客が許しても自分達が許せないほどのデザインへのこだわり。こうやって感動させた客は一生離れない顧客になるだろう。

これこそが、真の意味の「ブランディング」って言うんだと思った。

仕事や、自分達が作る物に対する愛を、懸命に見せ続ける事。

僕らもこれを見習って、本当の意味でのブランディングをしなければ。上っ面のポーズでは無く。





プロダクト・ブックレビュー
プロダクト・ブックレビュー
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2019.04.9

こんにちわ。最終回を楽しみにしてくださった皆様、ありがとうございます。旅角は bud brand の皆様と T […]

2019.04.6

こんにちわ。第1回目を読んでくださった皆様、初めてご覧くださっている皆様、ありがとうございます。 新年度始まっ […]