その後の島キッチン / 8ninriki.jp
Review


2015.02.22
41シマキチ01
その後の島キッチン


writer
小林 哲治

建築:島キッチン / 香川県豊島

設計:安部良 / architects atelier ryo abe

 

くじけそうな時に思い出してはげまされる。 この建築は私にとってそんな存在。

島キッチンは瀬戸内海に浮かぶ豊島の集落にある空き家を、建築家・安部良が再生したレストランである。

 

2010年の瀬戸内国際芸術祭で訪れた時の衝撃は今でも鮮明に覚えている。

一言で言うなら「自分がつくりたいと目指していたものができていた」だ。

大風にはためく杉板屋根のパーゴラがゆるやかに弧を描き、その繊細な柱は水道管。

古民家を再生したレストランには島中から集められたちゃぶ台が置かれ、低い低い軒と縁が少しだけ付け足されている。

更に風景になじむのはその形態だけでなく、島特有の人付き合いも顕在化されおり、閉店後は柿木の下で昔ながらの井戸端会議が行われていた。

丁寧に練りこまれたプログラムと形態が一体化した、なんとも眩しい建築だった。

 

41シマキチ02

 

そして、最近偶然読んだ雑誌に安部氏のレポートが載っているのを発見した。

「島民が恥ずかしがらずに観光客と会話ができるようになった。」

「ヨーロッパから来た友人も、まるで自分の故郷に帰ってきたようだと話してくれた。」

「新しいお祭りや交流が生まれ、新しくつくられた歌はお年寄りも歌うフォークソングとなった。」

ある種予想できていた現象が、望んでいた情景が、島キッチンで起きていると知って心が震える。

早速検索してみると、その歌を動画で見ることができた。

 

41シマキチ03

 

■島キッチンスライドショー -豊島の歌をうたおう-

https://www.youtube.com/watch?v=Mgyv325gWKg

 

あの衝撃から4年もたつが、相変わらず私は 建築をつくる難しさ に苦しんでいる。

 

 

■島キッチン

http://www.shimakitchen.com/

場所:香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃1061

電話:0879-68-3771

営業:(金)(土)(日)(祝) 10:30~16:30 ランチ営業





建築レビュー
建築レビュー
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]