六角橋 / 8ninriki.jp
Reserch


2015.07.7
[07-07]【ハチニンリキweb】ハシコレ⑤
六角橋


writer
片岡 佳苗

ケンチクもですが、橋も好きなんです、と予告なく始まったハシコレにびっくり。

平田大和さま。やりますね~早速私も続きます。

 

先月、施主様と倉庫見学で佐賀まで出かけて行った時のこと、晴れると目にした天気予報とは裏腹に、

曇り始めた空からは、ぽつぽつと雨が落ち始めました。

雨は好きなんだけど、今日は長靴じゃない。カッパも着てない。おまけに靴はバックスキン。

そんなことを考えつつ移動していると、目の前に橋が現れました。

[07-07]【ハチニンリキweb】ハシコレ①-3

曇り空の下、うっそうとした川辺の緑にうずもるグレー。

ジグザグ。バッテン。鉄骨トラスで構成された橋です。

たもとの石柱に名前があるだろうかと見に行きましたが、何か剥がされたような跡があるだけ。

横にある歩行者用の細い橋には「ろっかくはし そくどうきょう」とあります。

[07-07]【ハチニンリキweb】ハシコレ②

鉄骨にはたくさんのリベットのまる。リズムよく並んでいます。

鉄骨を縁取るように走るフランジの影。引き締まって無駄のない生き物の骨格のようです。

名前は「六角橋」。後から調べました。

国道207号線を佐賀県白石町から江北町に北上すると現れる、二つの町の境に流れる六角川にかかったこの橋は、
昭和5年に作られた85歳のおじいちゃん橋でした。

ちなみに「ろっかくばし そくどうきょう」は昭和61年生まれ。29歳、働き盛りです。

[07-07]【ハチニンリキweb】ハシコレ③

まっすぐ横から見ると、大きな雨のしずくに見えるリベット。

お、ロードレーサー!カッパの色が映えるなぁ。ツール・ド・フランスも始まりましたね。

先日、ヒトチカのオープンハウスに来てくださったOBの施主様が教えてくださいました。

[07-07]【ハチニンリキweb】ハシコレ④-2

雨が強くなる中、ひとしきり写真を撮って見上げていると、だんだん鉄骨が力強い線や面に見えてきました。

曇り空を背景にスケッチするとおもしろそう。

見る方向で違う影の濃さ。グレーの上に重なる影を薄墨で何度も重ねてみたい。

[07-07]【ハチニンリキweb】ハシコレ⑤

こんな風に、曇りの日をスケッチしたいと思ったのはこの日が初めてでした。

山や水面に映り込んだ空の青を描きたいと、出かけるときは晴れを願ってばかりだったのですが、

雨や雪、曇り空の下でも日々スケッチにお出かけになられていた江上茂雄さんのことを思い出していました。

曇り空をいっぺん描いてみよう。

[07-07]【ハチニンリキweb】ハシコレ⑥

85歳のおじいちゃん橋「六角橋」。

橋の横に貼られた記録には、2011年、2012年と塗装された日付が残っています。

ちょっと行けば有明海。潮の影響で傷みもひどくなってきているのでしょうが、ここで町と人をもっと繋いでいってほしい。

80歳に近くなった私の父よりも、長い年月をここで頑張ってきた橋だと思うと、鞭打つように頑張ってとは言いにくい。
でも、やっぱり。頑張って。

 





ハシコレ
ハシコレ
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]