緑のムック ~福岡警固教会~ / 8ninriki.jp
Review


2015.07.21
elevation
緑のムック ~福岡警固教会~


writer
松澤徹

福岡市中央区警固に佇む、福岡警固協会。
蔦に覆われた、懐かしの子供番組「ポンキッキ」に出てくるムックの様な質感の、素敵な教会です。

 

初めて社会人になった会社のすぐ近くだったので、毎日毎日、季節の移ろいによって変わるその姿を眺め続けていました。
この警固教会、建てられたのはなんと、昭和3年。築87年の建物です。

 

teiso

entrance

hall01

hall02

 

教会らしいシンメトリー(左右対称)のファサード、コンパクトにまとめられたプロポーション、蔦に覆われた外壁のテクスチャが相まって、とても可愛らしい印象を与える建物ですが、何よりも注目すべきはその構造にあります。

 

その構造は、実はコンクリートブロック造。

 

福岡出身の建築家、中村鎮(まもる)によって開発された、「中村式鉄筋コンクリート構造」によって建てられています。

 

その特徴は「鎮ブロック」と呼ばれる、内部にリブを持つL型のコンクリートブロックを組み合わせる事で、様々な部材を作り出し、コーナー部分等に、いわゆる「役物」を使用する事なく、単一形状のブロックで全ての構造を形成してしまう事ができるという、画期的なものでした。

中村式コンクリートブロック

 

コンクリートブロック造の開発は大正時代あたりから盛んになり、多くの研究者が「○○式コンクリートブロック」という、自身の名前を冠したブロックを開発し、その優位性を競ったそうです。

 

さながら昭和のプロレス界において、スタン・ハンセンの「ウエスタン・ラリアット」の影響を受け、長州力が「リキ・ラリアット」、ジャンボ鶴田が「ジャンボ・ラリアット」、ラッシャー木村が「ラッシング・ラリアット」を開発するなど、「ラリアットに名前つければ必殺技かい!!」という時代がありましたが、そんな時代でしょうか。

 

例えが不適切でした。失礼しました。

 

ともあれ、この「中村式鉄筋コンクリート構造」、

強度、耐久性共に非常に優れているのは、2005年に起きた福岡西方沖地震でびくともしなかった事で証明されています。

 

当時築77年あまり。

 

普通の鉄筋コンクリート造であれば、内部の鉄筋が腐食・露出し、倒壊の危機にあってもおかしくない時期と言えます。

 

ちょっと小難しい話をしますと、

 

鉄筋コンクリートと言うものは良く出来ていて、

 

■圧縮に強いコンクリート

■引っ張りに強い鉄筋

 

この正反対の特性を持つ2つの材料が互いの長所を活かし、短所を補いあって高い強度を保つ構造なのですが、

 

もう一つの特徴として、

 

■鉄筋は錆びやすい(酸化しやすい)

という弱点を、

■コンクリートは強いアルカリ性である

という特性でカバーしている。

 

という点があります。

 

強いアルカリ性に包まれている事で、

鉄筋は錆びずにいられるのです。

 

なんといういたわりと友愛。 (『風の谷のナウシカ』 大婆様の名言より)

 

しかしこのコンクリートのアルカリ性、

外気に晒されていると、年々失われていきます。

(コンクリートの中性化といいます)

 

通常、外装材に覆われていないと、築40年にもなると中性化が鉄筋まで達し、鉄筋が錆び始め、錆びた鉄筋は膨張し、その圧力でコンクリートを破壊し始めます。(爆裂現象)

 

中性化が鉄筋まで達した時。

それが鉄筋コンクリートの寿命ということになります。

 

仲睦まじかったパートナーもいつかは(以下省略)。。。

 

 

しかしこの「中村式鉄筋コンクリート構造」で造られた福岡警固教会に関しては、外壁を定期的に塗り替える等、コンクリートを外気から守る措置をしていないにも関わらず、全くその(爆裂)も見られず、元気な姿で今もなおしっかりと建っています。

 

texture

 

この蔦の根も、コンクリートの保護には非常に良くないものなのですが。。。

 

壊れないパートナーシップというものも、稀にはあると言うことか。

 

その理由についてあれこれ言及しだすと長くなるのでやめておきますが、

 

とにかく、このすばらしい構造によって、

 

この素敵な佇まいの教会は、

 

いままでも、これからも、

 

この警固の地に立ち続けるのであります。

 

window

 

 

 

 

 





建築レビュー
建築レビュー
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]