濡れ衣だ!! / 8ninriki.jp
Project


2015.08.6
nureginuzuka
濡れ衣だ!!


writer
松澤徹

地元福岡の歴史を知る事で、普段通りすぎている何気ない場所や町並みを俄然面白くしてしまおうという企画「らぶ福岡」の第2回目。

 

福岡市博多区千代、国道3号線沿いの歩道に、ひっそりと佇む小さな塚があります。

その名も「濡衣塚」というこの塚を、今回はご紹介したいと思います。

 

他人に無実の罪を着せる事を、『濡れ衣を着せる』と言いますが、

なんで?と思ったことはありませんか?

その言葉の由来となった故事の舞台は、実は博多の地でした。

 

時は奈良時代、聖武天皇の頃、筑前守護職に任命された佐野近世(ちかよ)という男が、妻と娘(春姫)を連れて博多にやってきました。

しかし妻はまもなく病死。

近世はこの地で後妻を迎えました。

 

ところがこの後妻、前妻の娘春姫を疎ましく思い、謀略を企てます。

 

漁夫に金を渡し、近世に「春姫様が毎夜大切な釣衣を盗んで困っている。」と告げ口させたのです。

 

なんという性悪女。

 

これを聞いた父の近世は驚き、娘の寝床に行くと、本当に濡れた釣衣を着て寝ていたのを目の当たりにして激怒。後妻の陰謀だとも知らず、その場で春姫を斬り殺してしまいました。

 

翌年のある晩、近世の枕元に春姫が立ち、無実を訴える歌を詠んだ為、近世は己の間違いを悟り出家。博多に7つのお堂を建立して娘の春姫を弔ったという言い伝えです。

 

その春姫の墓石を祀ってあるのがこの「濡衣塚」であると。

 

jizou

 

 

この・・・なんとも切ないというか、後味の悪いというか・・・

 

どうしようもない性悪女の後妻と、

濡れた釣衣を着せられても目を覚まさない残念な娘と、

本人の釈明も聞かず逆上して娘を斬り殺す残念な父。

 

残念すぎる人たちによって生まれた

『濡れ衣を着せる』という言葉なのでした。

 

嗚呼、愛すべき福岡!

 

 

注:福岡の女性が皆こんな性悪女というわけではありません。





らぶ福岡
らぶ福岡
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2019.04.9

こんにちわ。最終回を楽しみにしてくださった皆様、ありがとうございます。旅角は bud brand の皆様と T […]

2019.04.6

こんにちわ。第1回目を読んでくださった皆様、初めてご覧くださっている皆様、ありがとうございます。 新年度始まっ […]