福岡一愛される公園トイレ計画 -小さなトイレの大きなつながり- / 8ninriki.jp
Archive


2015.08.18
Archive
福岡一愛される公園トイレ計画 -小さなトイレの大きなつながり-

計画:福岡一愛される公園トイレ計画 -小さなトイレの大きなつながり- (活気ある公園づくりプロジェクト提出案)

設計:八人力+ハダシ・デ・パレード

WC002

2010年より3年間、福岡市南区を対象とした住民でにぎわう児童公園を取り戻す活動「活気ある公園づくりプロジェクト※」へ提案した計画。(※この活動は2012年に『good park 〜住民による活気ある公園づくりの参考書』として書籍化されており、また現在は福岡市全域の活動「活気ある公園づくり事業」として再始動している。)

お腹がピンチの時は、後光がさすほどありがたい公園トイレであるものの、それ以外の時は近づきたくない存在。この原因として公園トイレは汚い・薄暗い・怖いという問題が考えられ、その印象は不衛生で「どんなに美しい公園トイレをつくったとしても、当初の清潔感を維持することは難しい。」という課題が見えてくる。

そこで本計画では、公園トイレを清潔に保つ方法として「活動提案」と「建築提案」の2つを行った。

 

 

■活動提案 [だれかのトイレ]

WC003

公園トイレのオーナーになってくれる企業・団体を募集し、地域のコミュニケーションとして利用する活動提案。

例えば、福岡には複数のプロスポーツチームが在籍している。彼らが1チーム1トイレを所有することで、チームのアピール(試合結果の報告等)と、トイレ掃除を通して直接市民とふれあい、地域に密着したスポーツ振興が実現できる。

 

 

■建築提案 [らくがきできるトイレ]

WC004

清潔とコミュニケーションを両立する建築提案。コンビニのトイレの数からも解るように、今は数よりも衛生さが求められている。そこで男女共1ブースのみとし、衛生管理しやすい規模とした。また、壁をらくがき可能な素材を用いてトイレの遊具化も図っている。らくがきを通して、オーナーと利用者間のアナログなコミュニケーションも可能である。

 

このように、公園のトイレが所有されることで「名無しのトイレ」から「○○のトイレ」へと固有のトイレに生まれ変わり、従来の公園トイレにはない愛されるトイレが誕生する。

 

 

WC007

 

WC202

 

WC008

 





Archive
Archive
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]