ぜんぜんやり慣れていないコトを、やってみるの巻 / 8ninriki.jp
Project


2015.03.1
logocom_thumnail
ぜんぜんやり慣れていないコトを、やってみるの巻


writer
耘野康臣

どうも、八人力サポーターの耘野です。生暖かく彼らを見つめる役割です。

 

ということで、このコーナー。

どういういきさつかと申しますと。

 

2011年、福岡在住の8人の建築家が集まり始動した「八人力」。代表の小林さんの『まちから退屈をぶっとばせ』という力強いミッションを持って現在まで地味目の活動をしています。

 

なので地味目に世の中に知られている八人力さんですが、実は既に4年も経っているのに、ロゴマークがないわけです。これは広報的にも、活動が広がっていくためにも、やっぱり必要ではないか、なぜ、俺たちはもっていないんだ!、なんて俺たちはダメなヤツなんだという感じの三段活用で凹んでいやがりました。今回初めての公式ウェブを立ち上げるわけですから、そこにも燦然と八人力のロゴが輝いて存在して欲しい。最強サポーターを自負する私としては、そこは力を入れたいワケです。

ただし、ハイハイとサクッとロゴマークというのはできるわけではありません。自分たちの想いを体現し、ずっと精神的な支柱となるものを持ったロゴ。地味目の彼らは、自分たちが汗をかいて、知恵を振り絞って、地団駄踏んでという努力を経て、つくることを選びました。

素人のくせに。

 

それを端から見ていたサポーターの僕は、かれらのコンテンツをデザインすることにしました。モチーフは、あるCM。プロレスの伝説ジャイアント馬場さん。その伝説自身がタキシードを着て「僕にも弾けた!」と喜ぶ電子楽器のCMは、そのギャップで猛烈なインパクトを幼少の僕に残しました。この今までやったことないことも、やってみるムリめな感じ。

専門外のこともやってみたら?チャレンジしてみたら?きさまらも。という気持ちを煽るヤツです。

フレーズもDo It Yourself.日曜大工の買い物をするホームセンターなどに置き忘れたようなフレーズですが、やっぱりここからやってほしい。

 

ただ、素人ですからすぐにはできません。

でも、もうウェブの公開日はもうそこまで来てるッ!

これは、マズい。

ならば、自分たちの脳みそから見せてしまえ!

恥ずかしい気持ちなんか那珂川に捨ててしまえ!

 

とはいえ、才能ある建築家のみなさんですから、デザインプロセスは多分かっこいい。

慈愛に満ちたサポーターの僕はそう考えました。

 

この写真は、現在メンバーから集まっている9つのプランです。

どうやら、僕の愛は伝わったようでそれぞれの個性を生かしたプランが集まってます。

おそらくまだまだまだまだまだまだ途中ですが、ここから、公開でロゴマークがデザインされ、様々な議論を重ね、ドロドロとした政治的動きを経て、ロゴマークを決めていきます。

 

ちなみに、仕事のご褒美は仕事です。

「好きなプロジェクトを八人力で、やっていい権利」を、ドンと差し上げます。

 

だって、ご褒美がないとやらないからね。ヤツら。

 

 

第2回は、「お前ら、マジでやってるの?」の予定です。

ご期待ください。

 





ロゴコンペ
ロゴコンペ
Review
2017.07.27

茶どころ嬉野。 嬉野温泉旅館のリノベーション工事を進めております。 もう間もなく完成リニューアルオープン。 今 […]

2017.07.7

最近の台所事情を視察すべく、薬院にあるTOYO KITCHENさんへ行ってきました。 『日常をエンターテインメ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]