橋爪さん どうにかして!! / 8ninriki.jp
Review


2016.02.8
[02-07]【ハチニンリキWEB】SM003-①
橋爪さん どうにかして!!


writer
片岡 佳苗

 

こんにちわ。八人力の 一人取材人 カタオカです。
今日は、八人力が不定期で行っているスタディーミーティングについてお届けします。

まちの気になる人やチームにラブコールを送り、ホームにお邪魔させて頂いてレクチャーをお願いしている、
わがまま、かつ、そのラブコールを受けた方にとっては 何ごとですか???なこの企画。

 

今回は、ダイスプロジェクトの橋爪大輔さん のところにお邪魔させていただきました。

 

[02-07]【ハチニンリキWEB】SM001-①

 

マフィアのボスのような黒いお召し物のが素敵なこの方が 橋爪さん です。

 

アナバプロジェクトアナバナ、を通じて、ダイスプロジェクトさん をご存知の方も多いと思います。

橋爪さんはダイスプロジェクトとは別に、昨年2月  ふくしごと  という会社も始めていらっしゃいます。

福岡をはじめとする様々な都市のシーンでお見かけする橋爪さんとダイスプロジェクトさんのお名前。

八人力は、「まちから退屈をぶっとばせ!!」 という少し語気が強めのミッションのもと 活動しているのですが、

「退屈」やそれを「ぶっとばす」方法は千差万別。

 

八人力は建築に携わる人間が多いことから、自然と建築寄りになっていると考えています。

 

今年 会社設立14年目を迎えられるダイスプロジェクトさん。

1つの分野にとどまらず、まちの退屈をぶっとばす人達が集まっている集団なのではないだろうかと注目しており、
先日、八人力13名でお邪魔させて頂いてきました。

 

[02-07]【ハチニンリキWEB】SM002-①

 

地下鉄千代県庁口近くの木造2階建て、木材の資材置場をリノベーションしたオフィス。

大半はご自分達の手で作られたとか。このオフィス、とても気持ち良いのです。カフェやギャラリーだったら通ってしまいそう。

間口は3間ほど、奥行きのある長屋形状の室内に、リズムよく並ぶ柱と方杖。

1階天井の2階床下地表しからは、時折、上で仕事をしていらっしゃる皆さんの動く音や、ぎしぎし鳴る板音が聞こえます。
使い込まれた色合いと、プログラムに合わせて変化する、人の動きが見える空間です。

その昔、資材置き場だった時も、色々な資材と人が行き交う場所だったのでしょうか。

 

まちのポテンシャルを見抜き、シンプルかつ分かりやすい味付けで新たな魅力を吹き込む。
ダイスプロジェクトさんが、各地で繰り広げらていらっしゃるプロジェクトの根幹がここにある気がしてきます。

 

[02-07]【ハチニンリキWEB】SM003-①

 

もともと建築をしていらっしゃった橋爪さんは、

現在、建築、都市のデザインやコミュニケーションデザインに加え、まちや企業、大小様々なクライアントに事業計画、企画、イベント、運営、広報など、

トータルにプロデュースを行い 「まちをデザインする」 仕事に取り組んでいらっしゃいます。

ふくしごと では、「障害のある人たちと社会との心地よい循環をつくる」(株式会社ふくしごとHPより) ことをしていらっしゃるそうです。

 

クライアントから
「橋爪さん、どうにかして!」

 

そう助けを求められるんだとか。

具体的に携わられたプロジェクトを例に、その答え方について話をしてくださいました。

 

今日は橋爪さんのお話を漏らさず聞きたい。忘れないようにメモをとらなきゃ。

気持ちとは裏腹に、プレゼン内容の濃さに追いつけず焦ってばかり。

 

どうにかして!

 

私が言ってどうすんだ…。
合間に写る九大箱崎キャンパスのグラミンクリエイティブハウスの画像が、カタオカ 落ち着け~と、励ますように目に飛び込んできます。

 

ワークショップ おもしろかったな。

 

[02-07]【ハチニンリキWEB】SM004-②

 

橋爪さんに初めてお会いしたのは2010年。

おもしろい会社を紹介するよ、と連れて行ってもらったダイスプロジェクトさんの忘年会でした。
その後、anaba projectのグラミンクリエイティブハウスワークショップに参加させて頂いた時、

誰よりも目を輝かせておもしろがっていらっしゃったのが橋爪さんでした。

 

Exif_JPEG_PICTURE

▲2011年に行われたワークショップの写真です。

学生、社会人、様々な人が集まり、数回にわたって行われました。真ん中にいらっしゃるのが橋爪さん。お若いっ。

 

クライアントの 「どうにかして!」 に、

プロとして最大限答えるため、ご自身を含め、ともに挑む人達と会社の育成、様々な分析を続けていらっしゃるお話に、息をのみ自身を省みました。

 

弱い部分こそ基礎を大切に、必要なものは時間をかけて学び取ってプロチームになる。

なんとなくの漠然としたものではなく、ゴールを数字で示し、それを実現するデザインの提案をする。

そして 「まちをデザインする」 ときには、都市を経営する大きな視点を持ち、
学校との関係を作ったり、積極的に入ってきてほしいと願うお店や頑張っている人たちにアタックして巻き込む。

 

挑み続けてこられた橋爪さんとダイスプロジェクトさんは、
初めてお会いした頃とは比べ物にならないくらいのパワーを蓄えたチームになっていらっしゃる。

 

久しぶりにお会いして、そのことを目の当たりにしました。

 

[02-07]【ハチニンリキWEB】SM006-①

 

伊藤さん、真剣です。

矢橋さん、追い込まれちゃったでしょうか。うなり声が聞こえそう。

 

八人力の質問に惜しみなく くださる貴重なご経験談とアドバイス。

こんなに曝け出しても、簡単に真似できない技術とネットワークがそこにはあって、
それを武器に、自信を持ってご提案を続けていらっしゃるのだと感じました。

橋爪さんとダイスプロジェクトさんのプレゼンを受けたクライアントは、こう思うに違いない。

 

この人達に巻き込まれると、おもしろいことが起きるに決まってる。

 

全員で前のめりになる中、スタディミーティングは終了しました。

焦っていた気持ちはどこへやら、橋爪さんのお話に陶酔し、書きなぐったこの日のメモ。

終盤は、背中をばしっとはたかれたような橋爪語録が満載。残念なのは、急いで汚い私の字。

いつもの青ペンじゃないのですがひとつだけ。あまりにも汚いので画像小さめで。

 

[02-07]【ハチニンリキWEB】SM007-②

 

にくどおり。

びっくりした!こういうの、たまらない!

 

写真を撮っているときに見えた松澤さんのマインドマップは、

私のメモとは比べ物にならないくらいびしっ。さすが~~~  今度、ちゃんと見せてもらおう。

 

集合写真-②

 

レクチャー後、橋爪さんとご一緒させて頂いた一枚。

この度は、八人力のわがままを大きく受け止めてくださってありがとうございました。

 

深く暖かい懐。誠実であること。厳しさ。

本当にマフィアのボスに間違えられてしまいそうな強い眼差し。大分県宇佐市ご出身の47歳。

 

今日も、まちのあちこちで声が聞こえてきそうです。

「橋爪さん、どうにかして!」

 

[02-07]【ハチニンリキWEB】SM009-②

 

今度のアナバーはパク博バー。美味しそうでオモシロそう。

かわさき町のパク博バー

日時 :2/19(金)19:00~22:00

参加費:2000円

場所 :アナバナ編集部(ダイスプロジェクトさん)

住所 :福岡市博多区千代1-20-14

定員 :50名←anaba-na.comまでご予約ください

 

 

もうひとつ アートイベントのお知らせを頂きました。

■日々、描く

まちなかPlus Gallery カフェをめぐるアート展

日時 :2/9(火)~2/18(木)

場所 :TAG STA

 

日時 :2/19(金)~2/28(日)

場所 :Saredo Coffee

 

日時 :2/29(月)~3/9(木)

場所 :solid&liquid

 

虫も人も動き始める頃、あふれ出る人と暮らしを感じてみませんか。





イベント・レクチャーレビュー
イベント・レクチャーレビュー
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]