無いものは創る? / 8ninriki.jp
Review


2016.03.12
funsui
無いものは創る?


writer
平田大和

この頃さぼり気味でお久しぶりの平田です。
先月から事務所を家の外に出して、久々の通勤というものを味わってます。と言っても徒歩20分。自転車で10分。ちょうど良い距離です。お近くにいらっしゃる際はぜひ遊びにきてくださいね!

今日はオリジナルプロダクトのお話を少ししようと思います。

この設計という仕事をしてると、こんなのが有ったらいいのになぁ〜って思う事が多々有ります。
通常はカタログの中からや、ネットで調べてサンプルや承認図を取り寄せて、質感や大きさを確かめて選定するのですが、どうしても無いときがあります。特にコレってないな思うのが、ドアノブや押し棒。意匠系照明器具。
そんな時、無いものは創るって選択肢が有ります。考えて創るってとても大変だし、当然費用も掛かるので全ての案件で出来る訳ではないですけど、初めて生み出された力がそこに宿っている事もしばしば。いずれオリジナルプロダクトとして展開していければいいなーなんて空想もしたりして。。笑

今までにオリジナルデザインして納品したものを少し紹介してみます。

狭い敷地でお庭がとれなかった時、かっこいい植木鉢が欲しいな〜と思ってデザインしたのがコレ。
コールテン鋼を溶接して作った植木鉢。10年経った今でも現役です。
uekibati2

 

これは噴水のタイル。
リノベーション物件の施設の中の元々中庭の花壇だった所に噴水を計画。
噴水の円径に合うタイルが無いので、メーカーと共同で平らなタイルを工場加工で切断接着して色々なパーツを製作。

funsui

 

ケーキ屋さんを作ったときは、お母さんと手をつないでくる小さなお子さんを思い浮かべて、子供用の取手も兼ねたドアの押し棒。何となく眼鏡にも見えますね〜。

doabou

こちらは雲と太陽の照明。
自然派なパン屋さんで、太陽、雲、星、風などをモチーフに設計した際、雲間からのぞく太陽を想像してデザインしたオブジェ的な照明器具。
これ実はスチールで出来ています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

これは、照明を兼ねたテーブル。比較的薄いコーリアンという人工大理石で製作しました。

(ペンダント照明はMAXRAYの照明器具)
te-buru

 

たまにこんなモノもデザインしたりして。。
木っ端材でつくったブレスレット。

RIMG1155.JPG

 

最後は最新の案件「展望台の家」を切っ掛けでデザインしたドア棒。
既製品のドア棒って冷たい感じのモノが多くて握る所がとても好きになれない。
そこで握る所は木製でデザインしてみました。

doabou2

 

 

こんな感じに、無いものは創る。創る事でより完成度が増したり、愛着が湧いたり。
今はあるプロジェクトの為に間接光で和を感じれるような照明器具を考えていますが、詳細は後日またどこかで書き込んでみようと思います。

one

 





プロフェッショナル
プロフェッショナル
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]