「お地蔵さんの家」 いよいよ版築お披露目です。そして左官部へ・・・ / 8ninriki.jp
Project


2016.03.23
ojihan01
「お地蔵さんの家」 いよいよ版築お披露目です。そして左官部へ・・・


writer
新田崇博

お待たせしましたぁ〜

型枠を外して登場でございます。

引っ張って、引っ張って、これが版築です。

 

うまいこと層がでてます。

ちょっと、引いてみてみましょう。

 

ojihan02

 

 

下の段も良い感じですねぇ〜。

土という当たり前の素材も、突いて、突いて、美しく姿を変えた訳でございます。

私たち、版築部、結成して早2年。ここまでの日々をしみじみと思い出しながら、この愛おしい土の層を眺めるのであります。

 

もう少し、引いて眺めてみたくなってまいりました。

 

ojihan03

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あっ、あれ・・・・・・・・・

 

崩れてますやん。

膝から崩れ落ちるとはまさにこういう事を言うのか・・・・、お地蔵さんごめんなさい。

 

そして、思い返します。突いて突いて突いた日々を。

そして、思い当たる節がありました。

 

型枠の固定です。

土を突く事で、想像以上に圧力がかかっていて、型枠がズレていたわけです。

版築の配合ばかり研究して、型枠の研究を怠っていたのが間違いでございました。

 

さて、反省はしっかりして、補修です!

立ち直り早いです。

 

八人力左官部 登場であります。

左官マスターの満原氏に教えをこいながら、せっせと同じ材料で塗っていきます。

 

ojihan04

 

さすが、左官マスターだけあって、コテ使いが板についています。

 

ojihan05

 

せっせと、せっせと、塗っていきます。

 

ojihan06

 

何とか、補修も完了し、後は乾くのを待つだけです。

うまく馴染んでくれると良いのですが・・・

 

そして、「お地蔵さんの家」プロジェクトもとうとう終盤を迎えます。

この後一気に組み立てて、屋根を葺いて完成へ向かいます。

 

 

次回、感動のフィナーレ???をご期待ください。





八人力版築部
八人力版築部
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]