壊さずに見ます。 / 8ninriki.jp
Review


2016.08.8
160808-01
壊さずに見ます。


writer
中村文典

鉄骨の製品検査に行って参りました。見学ではなく、検査です。

所謂、鉄工所という場所です。

勤務時代に聞いた話によると、バブルの頃は検査と言う『接待』であったようです。
検査から帰ってきた時に「美味いもんは出た?(ニヤニヤ)」というゲスな先輩を思い出しました。

工場の中は溶接の焦げた匂い、直視してはいけない光など、危険な雰囲気で満たされています。
昔、スーパーゼネコンの監督に「あの光を見ると夜寝られんですよ(笑)」と言われたのも思い出しました。
遠ーくでやってる溶接を、今でも目の端にさえ入れることはありません。

さて、製品検査では鉄骨の材質の確認、寸法チェック、そして超音波探傷検査という近未来的で素敵なネーミングの検査を行います。

詳しい内容はwikipediaで調べて頂くとして、簡単に言えば妊婦さんのお腹のエコー検査です。

潤滑剤を塗って、金具を溶接部にあててクリクリします。
検査官が持っている機械に、溶接内部の傷が映し出されます。とは言ってもギザギザしたグラフが出るだけで説明を受けないと良く分かりません。
160808-02
大事なのはちゃんと溶接されているか、想定したチカラが掛かっても破断しないか、という事なのです。
確実なのは破断するまでチカラを掛ける事ですが、そんなことをやっていてはキリがないし。。。
ア○ンアルファの強度を試したことはありませんか?僕は何度も折っています。CMで見るような接着力を感じたことはありません。

壊さずに見る。
超音波で傷を探ります、超音波探傷検査。
またの名を非破壊検査と言います。

色、艶、重厚感、美しい溶接ビード、鉄骨っていいですよね。





プロフェッショナル
プロフェッショナル
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]