湯豆腐の「桶」 / 8ninriki.jp
Review


2016.11.28
tofu_001
湯豆腐の「桶」


writer
岡本つよし

全国的ですが、いま福岡市内は寒いです。この暑がり汗かきの小生が寒い位。要は少し風邪気味ってことなんですが。こと九州住まいですと繋がりある東京大阪の方々からは「暖かくてイイね」的なことを九州のイメージありきで申されますが、福岡は日本海に面しており北海道や東北とまでは言わずとも、時に寒風が刺すと割りと強く寒い。海と都市部が至近ってのもあるんですが、北風が強い故に気温下がればダイレクトに寒くなる正直な土地なのです。

 

で、、さてさて柄でもなく風邪っぽい週末にコイツ「湯豆腐桶」を登場させました。何故か?導火線は親戚から送られた香り立つ「柚子」。そして熊本は山深い限界集落の皆さんらが手塩に掛けて作った「自家製の柚子胡椒」が至極に美味かった。そして小生、晩メシは量を求めないので桶の壺に炭火を入れつつの食は心理的にアリ。また、この湯豆腐桶はヒノキと違ってサワラ特有の木の甘い香りが大変良かった。いま世間はキャベツ一玉がワンコインやら白菜もそれ以上など生鮮野菜が高騰の中、今冬白ネギだけは手頃なのでもってこい。自宅の庭で栽培していた収穫頃の九条細ねぎと相まって登場した話です。

 

湯豆腐は材の仕入れ準備や下こしらえという段取り作業だけで満足に至るほど、拘ると結構面倒ですが、偶にコレ使うと何となしに鋭気が養えたような気がします。故人ですが料理人であった我が爺さんの血かもしれません。食は当然に、住まいという空間において什器ってとても日常をワクワクさせるアクセントだと、つくずく思います。

 

話は変わり「自家製の柚子胡椒」に係る話ですが、福岡市博多区の吉塚商店街で毎月「朝市」を大学時代の友人と2人で自主的に行っています。そこで少量販売しています。なお熊本の槻木に移住した友が自らセレクトした生鮮野菜をメインに月イチ販売しています。少々虫食い跡もありますが美味しいとご常連から評判を頂戴しています。昨年はそうでもなかったのですが、今や昼頃には商品なくなってしまうほどご愛顧を頂いています。ホント心より商店街の皆様には感謝を申し上げます。なお先月、熊本での友人の活動はドイツARD@TVからの「熊本の山村:限界集落の再生」をテーマに取材を受けていました。お時間ある方は以下URLにて番組をご覧ください。〈日本語なしです。まあテキトーに気持ちは伝わります。〉

http://www.daserste.de/information/politik-weltgeschehen/weltspiegel/videos/weltspiegel-reportage-tsukigi-soll-leben-102.html

 

来月の朝市は12月24日〈土〉。朝8〜9時頃には開催スタートします。
嗚呼、、急な寒さにコノ柚子胡椒はぴりりと効く。





プロダクト・ブックレビュー
プロダクト・ブックレビュー
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]