明日の建築を考える・九州 / 8ninriki.jp
Review


2016.12.1
%e7%80%ac%e6%88%b8%e5%86%85%e6%b5%b7%e6%96%87%e6%98%8e%e5%9c%8f%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc
明日の建築を考える・九州


writer
伊藤 憲吾

去る11月5日。九州大学で開催された企画に参加しました。

 

「明日の建築を考える・九州」

%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%ef%bd%9e-%e5%86%85%e6%b5%b7%e6%96%87%e6%98%8e%e5%9c%8f%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc2

世界的建築家 伊東豊雄さんの講演があり、その後のパネルディスカッションにパネラーの一人として登壇をさせていただいたのである。

伊東豊雄さんと同じステージに立つ、、これは建築関係の方ならわかると思うのだけれど、、、ビビる。ものすごくビビった。一般の方はご存じない方もいるかもしれないが、歌手なら桑田佳祐さん?いや違うな、漫画家なら手塚治虫先生のような方だ。つまり神様だ。その辺の事を書きだすとやたらと長くなりそうなので、ありえない事が起きたのだと思ってもらいたい。

 

15216114_1124413314316031_1521173128_o

 

伊東豊雄さんの講演は、自作を通したお話しや、経験を通したお話し、そして会場を埋め尽くした若者たちに向けた叱咤にも感じる話しだった。アジアから発信する建築、自然に祝福される建築と様々な示唆を頂いたように思う。

しかし、、実のところ、、あまり覚えていない。。極度の緊張に加え個人的な事情があったからだ。

 

14639768_1157559094323732_6407600421849846811_n

 

300席ある会場は満員だった。熊本や鹿児島からはバスも出ていたらしい。これは、自分の地元大分からもたくさん来ているのか?と見渡すが、知った顔は3人。二人はウチのスタッフである。この満席の状況に貢献は出来ていないことを改めて思い知る。

それでも気を吐いて頑張ってみた。

 

大分での自分の活動を発表させていただいた。ARTPLAZAでの建築家の発表の場つくりCLTによる建築活動大工さんと協働したミラノでの作品発表震災における活動、過疎化地域でのプロジェクトを話した。

15134103_1199730753453353_273320650_o

話していた自分では分からないけれど、あとで聞くと上手に話せていたみたいだ。伊東豊雄さんからも高評価をいただけた。

 

予定時間も大幅に超えて熱気のあるまま閉会となった。正直、ホッとした。

そして懇親会、二次会、三次会と博多の夜が更けていった。ご存じの方も多いが伊東豊雄さんはカラオケ好き。負けじと(?)私も歌った。奇しくも桑田佳祐だった。いや、そんなのはどうでもいい。

 

とても貴重な時間を経験させていただいた。これもまた、明日の建築に繋げていきたいと思う。

 

 

そして、詳しい事は割愛するが、

 

 

実はこの時、

 

 

・・・足の骨が折れていた。

 

 

翌日に病院に行き、こうなった↓

 

15036336_1160928323986809_5958555050305286774_n

 

上に書いた個人的事情は「骨折の痛み」であった。緊張半分、痛み半分、そんな状況だった。

 

 





イベント・レクチャーレビュー
イベント・レクチャーレビュー
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]