愛すべき漫画 / 8ninriki.jp
Review


2017.02.18
16805037_1263758673703773_144968511_o
愛すべき漫画


writer
伊藤 憲吾

2月は逃げるなんて言いますが、まったくもってその通りです。あっという間に過ぎ去っていきます。お疲れ様です、伊藤@大分県です。

 

私は忙しくなると漫画の読書量が増えてしまいます。わずかな時間を見つけては漫画を読みふけります。漫画大好き人間なのです。マンガソムリエの資格があるならば取りたいところです。その時の精神状況などに応じて、読むべき漫画をお薦めする事が出来ます。

私にとっての漫画は、ある種の精神安定剤のようなものです。時に、忙しい現実の世界と距離を置き、空想の世界に身を委ねる至福の時です。クリエイターの方には共感いただけるのではないか?そうでもないのか?

 

漫画は、ストーリーと絵が必要な表現手法です。これは私たち設計者にも近いと思っています。文字と絵で何かを伝えようとします。図面にもストーリーが存在します。その場所に誰かの建築をつくるためのストーリーが存在します。なので、私は図面を「読む」と表現します。

 

建築家が漫画に影響されるのか?は、あまり聞いた事がありませんが、少なくとも私は影響されています。何かを正しく、そしてより面白く伝える表現手法として、漫画の表現手法の発展は引用したいものです。時折、漫画を文学的な位置づけとして低く見る方もいます。「漫画ばっかり読んでないで本を読め」とか言われた事もあります。小説などを否定する気持ちは無いですが、漫画を否定することで成立させる状態はおかしく思います。
文字情報だけで相手に創造を委ねる手法は、はたして表現者たる作者として望ましい事なんだろうか?と思ったりもします。もちろん、その世界の表現方法がある事もわかりますが、自分が面白いと思うものを面白く伝えたく思います。文字だけで伝わるなら、落語も映画も無くていい事になります。漫画に優劣をつける事がそもそも、、、、っと熱くなりました。グダグダするのでヤメトキマス。

 

さて、自宅の自分の漫画棚を見ると、最近増えているジャンルは「漫画家漫画」です。

漫画家自体が主人公の漫画です。

16810480_1263758693703771_538711069_o

 

藤子不二男A先生の「まんが道」はもちろん、島本和彦先生の「アオイホノオ」、東村アキコ先生の「かくかくしかじか」、ハロルド作石先生の「Rin」、どれも共感性が高く面白いものばかりです。誰かとこの辺のお話しを楽しくしたいのですが、残念ながら、これらに精通している友人が周りにいないので、話題にあげる事が出来ない、、、、

 

ハッ!!!そうだ!!!!!八人力ブログに書いてしまえ!!!誰か連絡をくれるかもしれない!!!

 

ということで、このブログを書き連ねている次第です。

 

ということで、漫画・漫画家トークしてくれる方、ご連絡をお待ちしております。「伊藤憲吾」でFB検索をお願いします。出来れば、漫画家さんの友達が欲しいです。よろしくお願いします。

 

以上、2月のお願いでした。





プロダクト・ブックレビュー
プロダクト・ブックレビュー
Review
2017.07.27

茶どころ嬉野。 嬉野温泉旅館のリノベーション工事を進めております。 もう間もなく完成リニューアルオープン。 今 […]

2017.07.7

最近の台所事情を視察すべく、薬院にあるTOYO KITCHENさんへ行ってきました。 『日常をエンターテインメ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]