【ミラノへの道】波佐見焼編③ White Lotus in Milano / 8ninriki.jp
Project


2017.04.25
001タイトル
【ミラノへの道】波佐見焼編③ White Lotus in Milano


writer
小林 哲治

たくさんの来場者に囲まれる White Lotus。
好評を博したミラノデザインウィーク2017の出展レポートです。

 

 

002会場

会場は昨年同様にSuper Studio の「SUPERDESIGN SHOW」。
ゲートをくぐると左手に吉岡徳仁とLGのコラボレーション『S.F_Senses of the Future』が目を引きます。

 

 

005bud

budbrandブースはそこからまっすぐ歩いて本会場へ。なんと今年は入口付近という立地で、これは期待できそう。
そして八人力から参加しているのはFANFARE、満原さなえ、小林哲治の3組で、建築的思考が見え隠れするプロダクトを出展しています。

 

 

 

003木谷

FANFAREの木谷さんは『THE -座- 』というスタッキングスツール。シチュエーションや好みに合わせて座面を交換できるのが特徴です。
実際に座面を重ねたり交換しながら、座り比べることもできます。

 

 

 

004満原

満原さんは『ORIGAMI-BOX』という飾り箱。その名の通り折り紙の工法で、材料やスケールを操作しながら、新しい箱の使い方を提案しています。奥に見えるボールプールはちびっこ達に大人気でした。

 

 

 

009WL

そして菊祥陶器の木下さんと私達がコラボレーションした『White Lotsus』。
白い会場に白い底板、白い器が並び真っ白白!!ミニマルな美しさを伝えるために、色は使わない展示です。

White Lotusは菊祥陶器の技術力である、無釉の白さと光を透過する薄さを形にしています。そのため底板には、従来の白い釉薬を塗ったモザイクタイルを使用し、白さの対比を表現しました。

 

 

 

002

いざはじまってみると好立地ということもあってか、初日からたくさんの人が足を止めて、不思議そうに眺めています。そういうときには…

 

 

 

010フィデリコ

アテンド担当の現地スタッフがイタリア語や英語で、来場者に説明してくれます。写真の彼はフェデリコ君、法科専攻だけあってプレゼンが上手。

 

 

 

011アテンド

彼女は山田さん、オペラの勉強をするためミラノに滞在しているそう。日替わりで個性的な若者がbudburandをサポートしてくれました。本当にありがとうございます。

 

 

 

 

012木下

そして我らが木下さんもリーゼントをばっちり決めて、長崎弁で熱く語ります。LサイズのWhite Lotusは扱う時に緊張するんですが、さすがは木下さん、ヒラヒラと手軽に持ってプレゼンしていました。

 

 

 

013リスペクト

一見、磁器とは思えないマットな白さと薄さを、来場者は触って透かしてみることで体感し、「リビングの壁に掛けたい」「ギャラリーに展示したい」「購入したい」など多くの声をいただきました。菊祥陶器の技術を世界へ発信できた手ごたえがあります。

 

 

 

015デザイン

それにしても、ミラノはデザインを愛する街だと実感しました。会場にはデザイン関係者以外にも市民の方々がたくさんやって、楽しそうに鑑賞しています。

アテンドの方から「彼はこれをつくったデザイナーですよ。」と紹介されると、尊敬をこめて握手を求められました。ものづくりの街でもあるミラノは、親から子へデザインの美しさ、楽しみ方を伝え、多世代にわたってデザインに価値をおく文化を育んできたのかもしれません。

そんな土壌があるからこそ、世界規模でデザイナーが集まるイベントが成立するのでしょう。

 





bud brand
bud brand
Review
2017.07.27

茶どころ嬉野。 嬉野温泉旅館のリノベーション工事を進めております。 もう間もなく完成リニューアルオープン。 今 […]

2017.07.7

最近の台所事情を視察すべく、薬院にあるTOYO KITCHENさんへ行ってきました。 『日常をエンターテインメ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]