ミラノレポート2017 –インスタレーション編- / 8ninriki.jp
Reserch


2017.08.22
001タイトル
ミラノレポート2017 –インスタレーション編-


writer
小林 哲治

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさまで来場者からの評判は好評を博し、次にステップへつなげることができそうです。

今回はミラノ市内で催されていたフォーリサローネの会場の中から、インスタレーション系の作品をピックアップしてレポートいたします。インスタレーション (Installation) とは、ある特定の室内や屋外などにオブジェや装置を置いて、作家の意向に沿って空間を構成し変化・異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術 (Wikipediaより抜粋) のことで、ざっくりいうと体感型の現代アートです。そして近年は、日本人作家によるインスタレーションの評価が海外で高くなっている傾向にあります。

 

002吉岡1

まずはbud brandと同じ会場「SuperDesignShow」で行われていた『TOKUJIN YOSHIOKA x LG : S.F_Senses of the Future』から。この作品はミラノデザインアワード2017で最高賞を受賞しました。

 

002吉岡2

会場には吉岡徳仁の新作イス「S.F chair」と、光の壁「Wall of the Sun」が展示されており、霧粒で散乱した光があふれるインスタレーション。「Wall of the Sun」には自然光に近いLGのOLEDパネルを使用しており、まぶしいけどまぶしくない柔らかな光だったのが印象的です。

 

 

 

003ネンド1

次は今年も大人気だったnendo。Jil Sander Showroomにて行われた『invisible outlines』では、最新作11作品を含む計16作品が展示されていました。中でも個人的に惹かれたのが「Jellyfish Vase」で、その名の通りふわふわとゆれるクラゲのようでした。花瓶と水が反転しているような関係は、飽きずに眺めていられます。

 

003ネンド2

この他にもとんち問題のような「un-printed material」。

 

003ネンド3

輪切りの山々が風景をつくる「80 sheets of mountains」。

 

003ネンド4

存在しない線を引くことで現れる「border table」など、「輪郭」の認知に焦点をしぼって多種多様な作品を製作しており、nendoの速さと精度に圧倒される展示でした。

 

 

 

004スワイン1

また、こんな若手の活躍もありました。COSとコラボレーションしたSTUDIO SWINEによる『NEW SPRING』。ロンドンを拠点とするSTUDIO SWINEは、日本人建築家の村上あずさと英国人アーティストのアレクサンダー・グローブスによるデザインデュオです。

 

004スワイン3

真っ暗な会場に入ると来場者は、白いシャボン玉が生る木に引き寄せられます。そして玉が大きくなって落ちてくると手が伸びて、さわって思わずにやける…。子供心をくすぐるシャボン玉は万国共通用ので、そんな鑑賞者の表情やしぐさも作品の一部となっていました。

 

 

 

005ピウ1

最後に、一番のお気に入りをご紹介。偶然通りかかった路地で出くわしたPiuarch による『Facades, the skin of Architecture』。イタリアの建築設計事務所による作品で、彼らは事務所のファサードを花のカーテンウォールで飾っていました。

 

005ピウ3

見た瞬間、ルネ・マグリットの絵画『ゴルコンダ』を想起しました。浮遊なのか落下なのか、試験管やジャガイモに活けられた一輪挿しの風景なんて見たことがありません。大企業とコラボレーションはせず、ローコストかつローテクノロジーで具現化したハイクオリティは、自分の目指すところでもあって大きく共感しました。

 

インスタレーションはその場限りのアートで、場所を変えて同じ装置を使ったとしても、同じ体験には至りません。それくらい時代の機微をつかみ、鑑賞者の存在も作品に含まれる、短命なアートだと感じています。その価値を知るからか、どの会場も大行列、大混雑でした。デザインやアートに関心のある人たちが世界中から集まってくるミラノデザインウィークは、インスタレーションを発表する格好の場としても注目されつつあるようです。

 





国内・海外旅行記
国内・海外旅行記
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2018.01.1

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがと […]

2017.07.31

8/1から1ヶ月間、熊本の上通りアーケード内オモキビル跡地にて 作家/建築家である坂口恭平さんによる「モバイル […]