【ミラノへの道】鹿児島編①旅の始まり / 8ninriki.jp
Project


2019.04.1
【旅角1】11
【ミラノへの道】鹿児島編①旅の始まり


writer
片岡 佳苗

皆様、すっかりご無沙汰しております。新元号が発表されましたね。今年も春がやってきました。お元気ですか?
春と言えば、ミラノデザインウィーク。私達  人の力設計室 は、今年も bud brand から SuperStudio に出展させて頂くことになりました。2019年、bud brand から出されたテーマは「旅を100倍楽しませるデザイン」です。

リアルで、心の中で。旅していますか?私達は昨年から鹿児島の旅に出かけてきました。

【旅角1】01

 

【旅角1】02

△加治木町から見た桜島

 

今回ご一緒させて頂くことになったのは、株式会社 Life+Home さんと TIMBER DESIGN さん です。
まず TIMBER DESIGN さんの工房で顔合わせするところから私達は鹿児島の旅を始めました。

【旅角1】03

△後左手より 木谷さん(bud brand)、小林(人の力設計室)、藏屋社長(Life+Home)、入木さん(TIMBER DESIGN)
 前左手より 片岡(人の力設計室)、上野さん(TIMBER DESIGN)、仮屋薗さん(Life+Home)

少人数で始まった鹿児島の旅。どんな方々とご一緒することになったのか、少しだけご紹介させて頂きますね。

【旅角1】04

株式会社 Life+Home さんは主に住宅を中心に設計施工をなさっている会社です。左の方が藏屋誠社長です。パワフルで暖かくて細やかで。1月に霧島支店駐車場で開催された 「こたつ Jazz Night 」というイベントにお邪魔させて頂いたのですが、自ら腕を振るって作っていらした焼きそばは絶品。お客様と地域の方々がこたつに入って一緒に音楽を楽しむという場を作っていらっしゃったのですが、なんとも言えない暖かさと心地よさがありました。

そして仮屋薗麻衣さん。身体を張って、最後までこの旅を一緒に盛り上げてくださった方です。彼女の野望は鹿児島愛に溢れていて壮大。小柄な体に秘められた弾ける元気に何度も助けられた私達です。

【旅角1】05

そして TIMBER DESIGN の入木隆悟さん と 上野晃宏さん です。家具や建具 を作っていらっしゃいます。お二人は昨年独立されたばかり。挑戦する意欲と動き出す速さが素晴らしくて。無茶ぶりも丸ごと受止めてくださるお二人にお会いするのが何よりの楽しみとなり、気が付くと里帰りするような気持ちで鹿児島に出かけていたように思います。

「旅を100倍楽しませるデザイン」がテーマだけど何を作っていきましょうか?

顔合わせが終わってすぐに工房とお二人のヒアリング&サーベイに入りました。これまでどんなことをしていらしたのか。得意なこと。鹿児島について。そしてどんなことに挑戦したいと考えていらっしゃるのか。根掘り葉掘り、とにかく聞き込みます。

アウトドアで使えるチェアを作りたい。見たことのないものを作ろう。

旅の方向性がほんの少しだけ見えてきたのですが、まだまだ始まったばかりです。もっともっと色んな方向に広げて考えたい。

そうだ、もっと大勢で旅をしよう。彼らと入木さんと上野さんを会わせたい。皆おもしろがってくれるはず!

ここから私達の仲間、いつもの面々が旅に加わります。

【旅角1】06

みんな久しぶり!今度は鹿児島だよ!オモシロイ人達に会ったから皆にも会って欲しくて。

ハダシ・デ・パレード  のメンバーです。
写真に写っていないメンバーも含めて5名が加わってぐっと賑やかに。早速皆で工房に押しかけることにしました。

【旅角1】07

 

【旅角1】08

何これーーーーー!?

皆で工房に押しかけると、お二人が作ってくださったスタディがずらりと並んでいました。それを見て、皆大喜び。ひとつづつ特徴を教えて頂いて、とっかえひっかえして全員で全部座ってみます。

これチェアかいな???

中にはどう見てもチェアに見えないものもあって大笑い。それぞれに魅力があってオモシロさは捨てがたいものばかりでしたが、これから進める方向性を皆で絞り込みました。

【旅角1】09


【旅角1】10

「できるんじゃないですか?やりましょう。」

さらに方向性を絞り込み実現したいことを皆でブレストした後、お二人がその場でスタディを作ってくださることに。ハダパレの皆も一緒に手を動かします。

入木さんと上野さんから幾度となく頂いたこの言葉は、私達のモチベーションを上げ続けてくれて、鹿児島の旅が最後までおもしろく変化し続けた大きな要因のひとつになったと思っています。どこまでも追い続けること。お二人からいつも感じていた事でした。

皆で夢中になって手を動かして行く内に陽は暮れて、外はすっかり暗くなっていました。

【旅角1】11


【旅角1】13

早速、座ってみよう。やっぱりバーベキューがいいね。

たくさんのスタディをもっと使ってみたくて、皆でバーベキューです。遊びにいらしたご友人も加わってさらに大人数に。夜の冷込みを吹飛ばすように賑やかな時間は日付が変わってもなお続き、その夜は工房前に張られたテントでキャンプしました。

もっと良いものを作りたい。
お二人としか作れないような何かを作りたい。

鹿児島の旅がまだ始まったばかりのこの頃、何度も作って使い修正してまた確かめるという機会が持てることの喜びは大きく、意欲は増すばかりでした。

【旅角1】14

そしてこの日の翌朝、今回作ることになったあるものの原型が決まります。

長くなりましたので今日はこの辺で。次回もどうぞお楽しみに!

 

 





bud brand
bud brand
Review
2018.04.16

大変ご無沙汰しております! ろく設計室の平田です。 満開だった桜も散り一日一日暖かくなる日々ですが、いかがお過 […]

2018.03.12

新しい感じも良いけどアンティークというか、つかい古した感じ、新しくない雰囲気にしたい時があります。 塗装で汚れ […]

Research
2017.10.16

みなさま、こんにちは。 10月。秋の雨が冷たい空気を運んできた週明け。いかがお過ごしですか。 少し前のお話、ま […]

2017.08.22

今年も八人力の選抜メンバーで参加したbud brandは、ミラノデザインウィークに出展いたしました。おかげさま […]

Project
2019.04.9

こんにちわ。最終回を楽しみにしてくださった皆様、ありがとうございます。旅角は bud brand の皆様と T […]

2019.04.6

こんにちわ。第1回目を読んでくださった皆様、初めてご覧くださっている皆様、ありがとうございます。 新年度始まっ […]